スクリーンショットの撮り方

・スポンサード リンク

macでのスクリーンショットの撮り方を解説します。ショートカットや、ソフトを使う方法もあります。画面をキャプチャするってことですね。
windowsでは、スクリーンキャプチャーのフリーソフトなどが人気ですが、マックではその必要はありません。

Mac OS Xでの話です。OS9の利用者はほとんど居ないでしょうから…。
まず、キーボードショートカットを使って撮影する方法から。

「コマンド+Shift+3」、これで全画面のスクリーンショットが撮影できます。一番有名?な方法ですね。ただ、画面全体を撮影しても、用途はあまりないですね。切り取りやリサイズなどの後加工が必要でしょう。

「コマンド+Shift+4」だと、マウスポインタを動かしてドラッグして、撮影する範囲を決められます。意外と知らない人も多いかも。実は私も、つい最近までいちいち全画面で撮影してから、フォトショップで切り抜いたりしてました…。
リサイズする必要がなければ、これだけで事足りてしまいそうですね。
「コマンド+Shift+4を押してからスペースバー」、これはウィンドウ、メニューバー、DOCKその他の領域を撮影するときに使います。
撮影されたスクリーンショットは、デスクトップに自動的にPNGファイルなどで保存されます。(pdfで保存されると解説してあるサイトもありました。OSのバージョンの違いでしょうか…?)

ファイルを保存せずに、クリップボードにコピーするときは、ショートカットキーを押すときに、コントロールキーも一緒に押せばOKです。
デスクトップに保存されず、コピーだけされた状態になるので、フォトショップなどの画面でペーストすれば出てきます。

以上が、ショートカットキーで画面を撮影する方法です。

マウスポインタをキャプチャーできる「グラブ」

実は、ショートカットで撮影する以外にも、macでスクリーンショットを撮る方法があります。意外と知らないんじゃないでしょうか。

その名もグラブ。

アプリケーションフォルダのユーティリティフォルダの中にあります。
起動させたら、取り込みのメニューから、撮影できます。

選択部分、ウィンドウ、スクリーン、タイマーとあります。
機能は文字通りですね。

このグラブでは、撮影したスクリーンショットは、tiff形式になります。
tiff形式のファイルを、別のフォーマットにするには、プレビューなどのアプリケーションで可能です。プレビューからtiffの画像を開いて、別名で保存→ファイルフォーマットの選択、でok。
webで公開するなら、jpegがいいですね。

このグラブを使うと、マウスポインタを撮影することもできるので、ぜひ覚えておきましょう。^^


スポンサード リンク